FC2ブログ
     

ベーコンを愛するのだ

英語も喋れないのにアメリカ来ちゃって専業主夫やってる暇人の寝言。俺みたいなニートから悩める社畜共へ熱いメッセージとベーコン(二次元)を送るぜ!ヘラヘラ生きてていいじゃない。悩んでる奴はベーコン食え。なんとかなるぜ!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  【コミュニケーション】長髪のハゲが一番ダメ 

「ハゲたら潔く坊主にするか、剃るぜ!」

なんて、若いうちは言ってた奴も、実際に抜けてくると焦って髪を伸ばして誤魔化す。
まぁ、俺もそうだった。随分前から前髪が寂しくなってきてる。石〇純一の息子の手前くらいか。

若い頃は、バンドの真似事なんかもやってて長髪で染めたりしていた時期もあったなー。

今はとてもじゃないができねー。

ちょっとヤベぇなと思い始めた頃は、必死になって髪伸ばして隠してたけどここ数年は短髪にしてる。

アメリカに来るときに、普通のリーマンじゃなかなかできない坊主にした。で、こっち来てから1回も切ってない。
後ろとサイドは伸びまくりで、前髪だけ寂しい。まぁ、落ち武者にはなってないけどな。
帰国後にまともに就職したら伸ばすことはできねーし、薄毛の長髪はみっともないから、帰国後すぐ切る。

この前YouTubeをダラダラ見てたら、薄毛を気にしてる奴が美容院で坊主にするって動画があって見てみた。
まだ俺より若いのにM字以外にも後頭部も来てた。苦労してんのかな。

ずばり

坊主になったら見た目がすげー良くなってた!

そう、半端ハゲ野郎が隠すように伸ばしてると、逆に目立っちゃうんだよな。
俺もそれに気が付いて、ここ数年は短髪にしてる。

関連動画にも、薄毛を目立たなくする髪型ってことで、美容院でがっつり短髪にしてる動画がいくつかあった。
そう、隠すより切ったり染めたりした方がいいんだ。

草〇剛なんかもそうだよな。一時期、無理やりなロン毛にしてたけど、今みたくサッパリしてる方が目立たないし
カッコイイ。まぁ、もしかしたら何かしら増やした可能性もあるけどな。

以前勤めてた会社にも、どーやっても隠れてない薄毛の人がいて気になって気になって仕方なかった。
仲のいい女子社員から聞いたけど、女子の間でもすっかり噂になってたらしい。
飲み会の時に、そいつがあまりにも髪を気にしながら飲んでるから、思い切って言ったんだ。

「〇〇、お前ハゲ隠れてねーぞ」

一瞬、めっちゃ怒った顔したんだけど、今度は悲しい顔になったよ、そいつ。

「短く切った方が目立たねーぜ、俺みたいに」

俺も前髪が寂しいことを言うと、周りに居た奴らも「言われてみれば確かに」と。あんま気が付かなったらしい。
もう一人、前髪怪しいなって思ってた同僚も、「俺もやべーぜ」ってデコ全開にしたらかなりのM字だった。

結局、そいつは飲み会の次の日にガッツリ短髪にして、人が変わったように月曜から出社してきた。
飲み会の後に、『薄毛 短髪 美容院』でググれと教えておいた。
若干、暗い奴だったんだけど、すっかりハゲネタをぶっこんで来たりして、明るい奴になったぜ。

ちなみに、うちのカミさんはハゲに関して「特に気にしない」そうだ。

ハゲでモテないって思ってる奴は、今一度見直した方がいいかもな。
自分じゃうまく隠れてると思ってても、だいたいバレてる。そんな奴は残念だがモテない。

専門に対応してくれる美容院なんかもあるし、俺はいきつけで「上手くやって」ってお願いすると
毎回それなりに上手くやってくれる。できる範囲でアレンジもしてくれる。ワックスのつけ方なんかも教えてくれる。

下手にヘアカタログなんかの指定しても、無い物は無いんだ。美容師さんを困らせるなよ。


借金・無職・独身から抜け出すお手伝いします どん底生活から抜け出すことができた私がお手伝いします
スポンサーサイト

◎  【断捨離】受信トレイがいっぱいになってる奴 

ITサポートの仕事を長年やって気が付いたこと。

メールの受信トレイがいっぱいな奴は、あんま仕事ができねぇ。

仕事できる奴は、ちゃんとフォルダ分けされてて、受信トレイには極力メールが少ない。
受信トレイに埋もれて大事なメールをすぐ見つけられないなんて事はないし、見逃すこともない。
俺もそれを見習った。

逆に受信トレイしかなくて、フォルダ分けなんかしない人種がいる。
なぜか、偉いさんに多い。マネージャーさんとか役員さんとか。

そうなると、上の話とはちょっと矛盾してるな。けど、この人達には特殊な使い方がある。

それは、メールの検索だ。

偉いさんは、いちいち細かいメールなんか見ないのだ。
だから、ある程度見て、これは大事だと思うメールだけチェックして対応する。
それ以外は、部下から何か言われたときに検索をかけてそのメールを見つけるのだ。
偉いさんの受信トレイを見ると未開封がたくさんあって面白い。

俺みたいなチンケなサポートチームからの依頼なんか、全然見てもらえない。
だから、直接席までお伺いをして「メール送ったやろ?見ろや!」って言わないと見てくれない。
そうすると、「おっ、すまん、すまん」とか言って検索してくれる。


さて、具体的なメールの整理の方法だ。
俺のやり方だけどな。

gmailをカスタマイズして使ってる会社だと、ラベルが使える。これは非常に便利だった。
俺は、赤、青、黄のラベルの3つをメインに使った。もうわかるよな?信号だ。

終わってない仕事のメールには、赤のラベルを付ける。
手を付けてたり、関係者が進めてるのは黄。
で、終わった仕事は青だ。

ラベル機能が使えないなら、これをフォルダでやればいい。
未作業、作業中、作業完了ってな具合だ。こんなチンケな事でも仕事のヌケはかなり防げるぜ。

そこから更に俺はフォルダを作って、仕事内容別だったり、人別だったり、ゴミとは違うけどゴミだったりと
自分でわかりやすようにフォルダとラベルを作って、ベタベタ貼って、フォルダに放り込む。

ラベル作りとフォルダ作り、最初の仕分けは下手すると1日掛かりの仕事になるけど
その後の事を考えたら、大した手間じゃぁない。目標は受信トレイにメールゼロだ。

俺は偉くなるつもりがないから、検索タイプじゃなくフォルダ分けタイプにしてる。
これは、プライベートメールも一緒だ。クソみたいなDMは速攻ゴミで、それ以外はフォルダ分けだ。
月1くらいでDM類は配信解除だ。これも手間だけど、月1の作業でかなりストレス軽減だぜ。

世の中、スカイプだとかラインだとか流行ってるけど、まぁ、まともな会社じゃまだまだメールは現役だ。
ちょっとメンドクセーけど、騙されたと思って試してみるといいぜ。

実際、サポートのときに俺のメールフォルダを見て参考にしてた社員さんも大勢いたし
カミさんもメールに埋もれてたけど、これでだいぶ楽になったそうだ。

今日はマジメになっちまった。


最近ベーコンの写真サボっててスマンな。まぁ、誰も欲しくねーか。


専業主夫のオッサンが「とことん話を聞き」ます もやもやしてる事、溜め込んでる事、話して捨てちゃいましょ

◎  【断捨離】食うぞ、食うぞ、食うぞ 

秋が近くなったら日本に帰る。

こっちの生活の基本的なモノは、そもそもアパートに常備してあったものだ。
自分達で日本から持ってきたのは、洋服類と一部の家電。PCやらスマホくらい。

なんやかんやで、こっちに来て買ってしまったモノも結構増えてしまった。
スロークッカーやら小型のミキサーとか。

断捨離してるとはいっても、修行僧みたいに何も買わない派じゃねーから
結構増えてんだよな。

まぁ、帰国はまだ数か月先なんだか、

今から気を付けてるのが食品だ。

実は、日本を出るときに冷蔵庫やらキッチン周りの片付けをしてきたんだが、まー、出るわ出るわ。
何がヤバいって

調味料

一体、何に使ったんだか、何に使う予定だったんか不明なモノも含めて大量に出た。
調味料とはいえ、食べられるモノを捨てるのはしのびねーとこだったが仕方がない。
片っ端からビニール袋に入れて、ビンを洗い、缶を洗い、チューブを洗って分別して捨てた。
俺は、ゴミの分別についてはウルサイ方なんだわ。まぁ、どーでもいわな。

と、いう失敗があったから、こっちから帰るときは同じような事がないように
今から調味料の残りをキッチリ確認して、残らないよう計算しながら使わないといけない。

つか、こっちの調味料、全部デケーんだよ!

使い切るのが大変だぜ。

あと、お菓子類だ。物珍しいからって、いろいろ買ったんだが、これも量が多くて全部食い切れてねー。
体重を気にしながら、着々と消費せねばいかん。

家ん中の調味料類は、結構多いぞ。ちょっと週末に調べてみたらいい。
もう何年前だよってのもある。洋服なんかと一緒で、いつか使うの「いつか」は来ない。
食品類を捨てるのは、ほんと申し訳ねー気がするけど仕方ない。思い切って捨てようぜ。

◎  【コミュニケーション】仕事ができない奴は仕方ない 

6.どんなに無能な同僚がいても怒らない

イライラする時間があったら、ちゃっちゃと仕事終わらせて帰ろうぜ。
仕事ができない同僚について使う時間なんか1秒もないんだよ。
それを会社から帰ってからまで思ってたら、逆にそいつの事好きなんじゃね?って感じじゃん。

上辺だけは仲良くするけど、肝心なところじゃ絶対に自分の仕事を触らせないし
そいつが理解できないレベルの話は、そいつを入れてはしない。

まぁ、でも、自分がその対象である可能性もあるからな。気を付けねーとな。
自分が知らないだけで、全然違うレベルの仕事が進んでる可能性だってあるからな。

1日8時間。残業するつもりはないから、その日のうちにやるべき仕事に集中していれば
無能な同僚の事なんか1秒も気にならないはずなんだよ。

自分がマネージャーとかじゃなきゃ、そんな同僚の事は上司に任せればいい。
そのために上司は上司面して給料を多くもらってんだ。
上司に面倒みろって言われたら、お前の仕事だと返せばいい。

そいつだって、仕事以外では良い奴かもしれないしな。
仕事ができないだけで、それ以外のところで活躍の場があるかもしれない。
美味い昼飯の店を知ってるかもしれない。帰り道にある穴場の居酒屋を知ってるかもしれない。

仕事ができないだけで、そいつを全否定してイライラして、それを帰宅してまでイライラしてるなんて
ホント自分の時間がもったいないぜ。
どーしようないくらいダメな奴の事は、空気。もしくは植木や置物と思っておけばいい。

アメリカ文化を学ぶ研修ってので聞いた話なんだが、アメリカでは会社でイライラしてるのは子供として見られるそうだ。
どんなにミスをしても、どんなにダメな奴がいても、怒ったりイライラしたりしないらしい。
そういう奴はしばらくすると上司から「サヨナラ」って言われるらしい。

まぁ、別にアメリカがすげーわけでも、立派なわけでもねーけど、俺はとても共感したよ。

怒ってばっかいるとハゲるんじゃね?

◎  【アメリカ暮らし】朝から野球 

カミさんの同僚に誘われて、朝から野球を見てきたぜ。

なぜか月曜日の朝なんですけどね。

マイナーリーグの試合で、朝9:30から試合開始。
まぁ、意味わかんない。お前ら仕事はどーすんだ?と。

まぁ、俺は専業主夫だからさ。全く問題ねーんだけどさ。
カミさんと同僚。さらには、カミさんの同僚の彼氏。お前も仕事どーした?と。
で、よくよく聞いたら、その同僚の彼氏さんの同僚も来てみんなで見るんだと。

だから・・・月曜から仕事休んで・・・

で、まぁ、あれよあれよと連れて行かれた球場。
なんで月曜の朝っぱら(7時くらい)に、こんなに人がいんだよ!って突っ込みたくなるレベル。
チケットもらって中に入ると、まず球団マスコット?がついたマグカップとお菓子をもらう。
このお菓子が「whoopie pie」球団にも「whoopie pie」のマークが。

更に進むと、今度はチケットのオマケでホットドックとコーヒーを渡される。
そして、それを一気に流し込むと、ビュッフェスタイルの朝食へ。
あれ?野球は?????

とりあえず、ベーグルだとかベーコンだとか、卵だとかを頂く。
ようやく席(ベンチとテーブル席)につくと、小さいコップを渡され

「ほれ、そこでビールフェスタやってるから、好きなだけ飲めよ」

だって。

月曜の朝っぱらから野球場にきてビールですか、あー、そうですか。
美味しく頂いてると、次から次へとカミさんの同僚の彼氏の同僚ってのが現れる。
いや、マジでお前ら仕事どーしたんだよ?

そして、最後にはチームのボスが登場。あー、そういうことですか。
同僚チーム全員で有給を取って朝からビールってのが、今回の趣旨らしい。

日本みたく、「課長、お疲れ様です。ビール取ってきましょうか?」なんて事は一切なく

「Hey!How are you?」

以上。

あとは、勝手にやってくれって感じ。しかも、気が付かないうちにいなかったしね、ボス一家。
ほんとに自由でお気楽な奴らだぜ、アメリカ人ってのは。

と、まぁ、さんざん飲んで、野球を見て帰宅しましたとさ。

面白いのは解散。特に、「じゃ、また明日!」もなく・・・
ホツリポツリとグループ毎に消えていく・・・
俺も連れてきてくれたカップルの後を追いかけ、挨拶する間もなく車に乗せられた。

インドで人生変わったなんて聞くけど、アメリカでも人生の考え方は変わったわ。





カミさんの同僚と、その彼氏の家で馬とヒツジと鶏と犬と猫飼ってるのは、また別の機会にな。


アメリカ合衆国ランキング


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。